基本はtitleタグとdivタグ

私の独断と偏見による結論なのですが、これから新たにサイトを作って検索エンジンで上位に表示させようと考えているなら、デザインのレイアウトは全てdivタグによって行うべきだと考えています。

divタグというのは、段落を定義するためのタグです。SEO対策を考えなくても良いのなら、思うがままのデザインをしても良いのですが、SEO対策を講じる必要がある場合には、理路整然とした文章構造が求められます。その際に良く使われるのがdivタグです。

また文章の意味と配置も重要な役割を持っています。端的に言うなら1冊の本のような状態になるように作り上げていかなければなりません。例を挙げるなら、次のような感じですね。

本のタイトル

見出し1

見出し1の内容

見出し2

見出し2の内容

たいていの本は、タイトルがその本の内容を示し、段落毎に見出し(項目ごとのタイトル)を付けて、その見出しの内容に沿った文章が書かれています。本を読む場合は見出しを見て、これから書かれる内容について想像し、そして内容を読んでいきます。

この動作と同じように、ウェブサイトの場合も検索ロボットはタイトルや見出しを見て、内容を読むという動作を行っています。

検索ロボットが読む場合に構造が分かりやすいページだと、そのページで最も重要なキーワードの発見が容易になります。重要なキーワードを発見してもらえるということは、そのページはそのキーワードについて書かれていると判断されるわけですね。

このような判断を適切にしてもらえるようになれば、そのキーワードで検索された場合、有利になってくるわけです。

検索エンジンで上位表示されるためには、適切なキーワードの設定とその使い方が非常に重要です。

posted by ひっそり | Comment(0) | TrackBack(0) | 基本知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。