検索エンジンと相性の良いサイト

今回は検索エンジンと相性の良いサイトについて触れてみたいと思います。

本題に入る前にまずは人気ブログランキングをご覧下さい。

すでに多くの書籍やサイトで言われていますが、ブログは検索エンジンとの相性が非常に良いタイプのサイトです。

なぜブログが検索エンジンと相性が良いかと言うと、そのサイト構成にあると言えます。

まずコンテンツ面ですが、基本的なブログの構造としては、それまでに書き続けてきた記事が、それぞれ記事タイトルと本文という組み合わせになっていて、検索ロボットが最も好む論文形式になっているからです。

そしてhtml面では、各コンテンツを基本として、SEO対策に優れたタグを使って構成されています。サイトタイトルにh1タグを使う、各記事タイトルにも見出しタグや太字タグを使う、可能な限りtableタグを排除してdivタグによる構成を築いている、などですね。

他にも内部リンクをしっかり確保しているため、サイト内で迷子になることもないように作られています。つまりサイトの全体像を把握しやすい構造になっていると言えるわけです。

この他にも検索エンジンとの相性の良さを示す根拠は数多くあるのですが、SEO対策に効果的なhtmlとCSSを知るために、ぜひ普段良くアクセスしているブログのhtmlソースをご覧になって下さい。

htmlソースの見方は簡単です。IEの場合でしたら、サイト上で「右クリック」→「ソースの表示」です。

CSSファイルの見方はちょっとややこしいのですが、基本的には次の順番で見ることができます。

  1. htmlソース内に書かれている(<head>〜</head>の中に含まれている場合がほとんどです)<link rel="stylesheet" href="CSSのアドレス" type="text/css">という箇所を探す
  2. 1で見つけたCSSのアドレスをブラウザのアドレス入力バーに入れてアクセスする

この方法を使えば大抵のCSSファイルを見ることができるのですが、この方法を使えるのはCSSファイルのアドレスがhttp://で始まっている場合のみです。http://で始まっていない場合には次のようにします。

(1) このブログを例とします。
URL:http://css-seo.seesaa.net/
CSS:/css/styles-cms.css
  • CSSのアドレスが / で始まっている場合は、URLのホスト名(css-seo.seesaa.net)の直後にCSSのアドレスを付けて下さい。
  • この例の場合でしたら、http://css-seo.seesaa.net/css/styles-cms.cssとなります。
(2) 次に架空のURLを例とします。
URL:http://css-seo.seesaa.net/hoge/foo.html
CSS:css/styles-cms.css
  • CSSのアドレスが / で始まっていない場合は、URLのファイル名部分(foo.html)をCSSのアドレスで置き換えます。
  • この架空例の場合でしたら、http://css-seo.seesaa.net/hoge/css/styles-cms.cssとなります。

ちょっとややこしいかもしれませんが、このパスに関する知識はhtmlの勉強をする上で必ず役に立ちますので、ぜひ覚えてみて下さい。

posted by ひっそり | Comment(0) | TrackBack(0) | 基本知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。