アクセス解析を利用する

サイトをオープンして気になるのは、やはりアクセス数だと思います。今回はアクセス解析ツールについて紹介してみたいと思います。

本題に入る前にまずは人気ブログランキングをご覧下さい。

なぜアクセス解析が重要かと言うと、単にアクセス数を把握するだけではなく、どのようなサイトからアクセスしてきたのか、どのようなキーワードを検索してアクセスしてきたのか、など簡単に把握できるからですね。

そんな中で無料で使えるアクセス解析ツールとして有名なのは忍者アクセス解析ACR WEB があります。どちらもページ内にバナー画像が自動挿入されますが、とても詳しいアクセス解析を提供してもらえるので利用してみる価値は高いです。

アクセス解析を設置した後、アクセス数の多いサイトなら数時間、少ないサイトでも数日〜数週間もすれば、かなり詳細なサイトへのアクセス状況を把握することができるようになると思います。

その中でも私が特に重視しているのは次の項目です。

  • アクセスの多い(少ない)時間帯
  • リンク元サイト
  • 検索キーワード

まず時間帯によるアクセス数ですが、私はサイト更新時間帯を決めるのに使うことが多いです。満遍なくアクセスがあるサイトの場合は見極めるのが難しいかもしれませんが、どんなサイトでもアクセス数が落ち込む時間帯というのがあると思います。そのアクセス数が少ない時間帯に新しいページを追加したり、ページ内容を更新したり、見栄えを変更するなどすれば、自分でサイト内容をじっくり確認できる上に、仮にページに不具合があったとしても、その不具合を知られずに済む確率が上がるわけです。

次にリンク元サイトですが、これはSEO対策上の被リンク数を知る上で重要になってきます。内容の充実したサイトを作っていれば、自然とそのサイトへのリンクを貼ってくれる人が増えてきます。その状況を知る上でもリンク元サイトについて知っておくことは重要ですね。またそのサイトにアクセスしてみて、どのようなサイトなのか、どのようにリンクが貼られているのかを確認してみることも必要です。

最後に検索キーワードですが、このブログをご覧になられている方は、サイトの根幹となるキーワードを決めてサイト構築をされているはずですから、、その根幹キーワード検索経由でのユーザーがどれだけいるか気になると思います。逆に言えば、根幹キーワードによる検索経由でのユーザーがいない場合は、検索エンジンで上位表示されていないということにもなります。この場合、更なるSEO対策が必要となってきます。また思いも寄らないキーワード経由でのアクセスがある場合には、そのキーワードについても検討してみる価値が高くなります。

ところで、アフィリエイトサイトを運営している以上、広告リンクがどれだけクリックされているのかは、とても気になりますよね? 各ASPでは表示数やクリック数を公開していますが、第三者的な視点でクリック数を把握したい場合には、ACR WEBのClick Trackというサービスが便利です。このサービスは、どのページのどのリンクがクリックされたかをグラフなどで表示してくれます。これで広告のクリック数を把握するようにすれば、クリック数の少ない広告を貼りかえるなどして、より収益率を向上させていくことが可能になります。

これらのサービスを利用して、自分が意図しているサイトの性質と訪れてくるユーザーの目的が合致するようにサイトを更新していけば、徐々にアフィリエイト収入がアップしていくはずです。

posted by ひっそり | Comment(1) | TrackBack(0) | SEO対策
この記事へのコメント
こんにちわ。
アフィリエイトサービスプロバイダーとして「商売繁盛ねっと」を運営おります。
貴Blogを拝見いたしました。参考にさせていただきました。
アフィリエイトでアクセス数は重要ですね。
Blog頑張ってください。
当社のBlogもご覧ください。TBも歓迎いたします。参考にしていただければ幸いです。
     ↓ ↓ ↓
■「商売繁盛ねっと」Blog:http://blog.goo.ne.jp/aidmap0507/
Posted by アフィリエイトプログラム「商売繁盛ねっと」のあいどまちっくなBlog at 2006年04月24日 03:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/16932267
※記事の内容について触れていないトラックバックは公開しないことがあります。またトラックバック送信元の記事にこちらへのリンクがない場合は公開いたしません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。